医療法人社団マルサト つかだ医院

ひ尿器科,ひふ科,内科(静岡県駿東郡清水町)

医療法人社団マルサト つかだ医院

〒411-0903 静岡県駿東郡清水町堂庭109番地の4
TEL 055-983-1577

※上記QRコードを読み取っていただきますと、一般の携帯からは携帯サイトが、スマートフォンからは、スマートフォンサイトが閲覧可能です。

お知らせ

「午後休診」のお知らせ

8月30日(火)・9月20日(火)は新型コロナワクチンの集団接種に出張のため午後の診療はお休みさせていただきます。これに伴い同日の午前診療を当日の混雑状況しだいで早めに打ち切る可能性がございます。
ご迷惑をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。

 

今年度の特定健診/各種検診を行っています(6月13日~10月末)

当院に通院中の方はもちろん、毎年利用されている方は計画的に受診されるようお勧めいたします。初めての方も結構です。
事前にお問い合わせ等をされる方は市町から郵送された書類をご用意のうえ当院にご連絡ください。

 

診療「受付終了時間」について

令和4年6月以降「火曜日」「木曜日」は都合により受付を早めに終了する可能性があります。
ご理解・ご協力のほどをお願いいたします。(院長)

 

8月の休診日のお知らせ

8月14日(日)~ 8月17日(水)は休診となります。ご了承ください。

 

「新型コロナウイルス検査」および「インフルエンザ検査」について

☆当院は現在「新型コロナウイルス検査」および「インフルエンザ検査」には対応していません。ご了承ください。

 

定期「血液検査」の予約制について

医師から「次回血液検査」を予定された方は原則として採血日の「予約」をお願いしています。予定が立てられない場合や変更される場合はできるだけ早くお電話をください。
なお採血日にはお食事はふつうにされて結構です(ただしこちらから空腹での採血をお願いすることがあります)。

 

お知らせ・お願い(院内感染を防ぐため)

★かぜ症状のある方は当院に電話(055-983-1577)連絡のうえ「車内で」お待ちください
★「マスクの装着」をされない方の入館はお断りします(ご家族等も同じです)
★臨時で「内科」を受診される方は当院の「他科の同時受診」はお控えください
★発熱・咳がある方は「新型コロナウイルス感染症電話相談窓口」<050-5371-0561>に連絡してください。
★当院は新型コロナウィルス(PCR)検査に「対応していません」のでご了承をお願いします

 =院内感染を防止するために皆様のご理解とご協力をお願いします=

受付時間について

当院の診療時間についてこれまでのとおりで変更はございません。
ただ「受付時間」について補足させていただきます:
現在「診療開始時間の30分前」というのが受付開始の目安となっています。
木曜の午前については9時に玄関をあけますのでご注意ください)

新患の方・久々の受診の方にお願いします。
診療受付終了時間の少なくとも30分前までには受付が完了するよう時間に余裕をもってお越しください。

 

♪ 医院電話番号のご登録をお願いします(055-983-1577)♪

当院から患者さんにお電話を差し上げる場合がございます。重要事項を迅速にお伝えしなければならない場合もありますので、宜しければご自分のお電話(携帯・固定)に登録しておいてください。
なお電話番号の変更・追加(住所変更も含む)などがございましたら早めに当院受付にお知らせください。

 

つかだ医院から最新のお知らせ

○木曜日は午前9時より診療開始(木曜電話応答は午前8:30~)/午後は2時~5時

☆健診・検診・人間ドック等の結果を必ず医師に見せるようにしましょう/PSA値が正常でも排尿症状があれば一度は泌尿器科を受診しましょう)

☆肺炎球菌ワクチン(要電話)・インフルエンザ(予約不要)予防接種実施

※点滴ご希望の方は受付終了30分前までに

★院内道路は低速運転でお願いします/玄関前でお待ちの場合は安全のため車道にはみ出ないようお並びください/バイク・自転車は駐輪場をご利用ください

☆次の受診日が決まっている方へ:採血などの場合は前日までにご連絡頂きますと待ち時間が短縮されます(時間予約は不可)/当院の血液検査はおひとりずつ病状に合わせた内容となっています。診断はもとよりご本人の自己管理、お薬の効果や副作用などが反映されるので定期的に行っています。※通常お食事や服薬をされても結構です(空腹では糖尿病が見逃される可能性あり)

☆当院尿検査の目的:じん臓やひ尿器の病気だけが対象ではありません。高血圧をはじめ糖尿病・尿酸高値(痛風)などの生活習慣病による腎障害が少なくありません。健康のバロメーターとしての尿検査にご理解を

☆「お薬情報」説明書/手帳の活用:お薬についての質問や御要望がある時にこれを提示してください 二重処方などの間違いや誤解が防げます(受診時携行をお願いします)

※院外処方が一般的となりジェネリック医薬品を含め数多くのお薬がある現在は薬の説明書や手帳が大切です-他院薬との飲み合わせのチェックも必要です(通常原則1人1冊です 新しくした場合は1つ前のものもご持参ください)

 

災害時には

災害時の対応について... とくに停電となった場合、当院は医療施設としての機能を失います。院内に患者さんやご家族がいらっしゃる場合は速やかにご帰宅できるよう最大限の努力をいたします。
※原則として院長は早い段階で「救護所」に出向き医療活動を開始します。従って院内に医師は不在となります。ご了解ください。